安心、安全、激安、スピーディーなRMT取引を心がけています
  • ゲ-ム: 
  • サーバ : 
  • 価額 : 0円/口  0WM/口
トップページ >> 『FF11 RMT』新人記者と新たなる武器
2014-03-12『FF11 RMT』新人記者と新たなる武器

 FF11 RMT「じつは今度、これまでのヴァナ・ディール トリビューンをまとめた本を発行することになったんだ」 

 
編集長の言葉に、編集部員たちは驚きと喜びの声をあげた。
そして、編集部に配属されたばかりの新人である僕は、まだ編集部員全員の名前と顔も覚えていないうちに、 
これまでの誌面制作で使われた原稿の整理を任されることになった。 
 
編集部の奥にある資料室の扉を開くと、真っ暗な部屋からは、インクと古びた羊皮紙の匂いがした。 
資料が傷まないようにと、普段は窓を塞いで日の光が入らないようにしているらしい。 
先輩記者のイスメレルダ(Ythmerelda)氏が、窓を覆っている木の板を外すと、 
日の光に照らされて、小さな部屋の壁一面に、大きな書棚が現れる。 
書棚には膨大な量の本と、たくさんの紙箱が並んでいた。 
 
FF11 公式「この箱には今までの記事で使った原稿が入っているのよ」
 
イスメレルダ先輩はそう言うと、僕に箱を編集部の作業机へと運ぶように指示した。 
運び終えると、ひとつずつ箱の中身を確認していく作業が始まる。 
フタを開けると、中には羊皮紙がどっさり入っていて、 
文章がびっしり綴られたものや、挿絵の描かれたものなどさまざまだった。 
一応、箱ごとに年代別にはなっているが、中身はほとんど整理されていない。 
僕とイスメレルダ先輩は、過去のヴァナ・ディール トリビューンと照らし合わせながら、 
箱から出てきた原稿が、どの号で使われたものかを特定していく作業を進めた。 
本として印刷するには、これらを整理して再編集しなければならないらしい。 
 
FF11 相場販売のサイト、高品質、高満足度FF11 RMTの提供が根本理念!より一層楽しんで頂くため、安心、スピーディーなFF11 RMTお取引を心がけて、快適で安全なお取引をお約束いたします。